308283
萬井 博行 よろい環境計画事務所

[ HOME日記TOP記事検索携帯用URL管理用 ]
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

2017/03/27(Mon) カフェランチ 香豊堂萬井 博行へのご意見はこちらから→ MAIL 



本日鳥取市、『商栄町の家』現場打ち合わせは午前中で終わり、現場近くの『香豊堂』でランチ。

千代川に沿った“準工業地域”に位置するこのエリアでは、商業施設や工場、社屋、住宅など多用途が混然となっているイメージを受けますが、古い民家をリノベーションしたこのカフェの佇まいは、雑然とした街の隙間にスッポリ納まったような静寂のコントラストを生み出しています。

格子戸の入口を入るとコーヒー豆や雑貨の販売コーナーが置かれている土間空間を介して、外が望めるカウンター席と小上がりの座敷が配置されています。

ランチメニューの基本は日替わり定食、ハンバーグ定食、カレーの3種類。
どれも豊富にサラダが付いていて、萩焼で揃えた器の拘りもあって客のほとんどは女性客で占められています。(お構いなしに一人カウンターに座る私…)

本日のチョイスはこの店人気の『ハンバーグカレー(¥800-)』。
五穀米の上に刻んだキャベツとハンバーグがのせられ、ハンバーグにはドミグラスソース、両脇にカレーを分けることで、ソースとカレーが混ざらないよう配慮されています。(見た目もキレイ)
カレーは程よい辛さと牛の出汁からくる濃厚なコクとほのかな甘みが特徴。
手作りハンバーグも肉の旨みがあふれ、こってりしそうな素材を受け止める五穀米とアクセントになるキャベツがとても良い組み合わせですね。

日替わりランチもバランス良さそうで、また立ち寄りたいものです。

香豊堂Facebook(主にランチ情報):https://www.facebook.com/wakuwakukahodo




2017/03/21(Tue) 木風呂の宿 みや川萬井 博行へのご意見はこちらから→ MAIL 



3連休による渋滞が予想された先日の鳥取市、『商栄町の家』現場の帰り道は、9号線を避けて湖山池南側沿いに走る吉岡街道を抜けていくルートをチョイスして、道中疲労気味の体を回復すべく『吉岡温泉』に立ち寄る。

開湯1000年以上の歴史を誇り、岩井温泉・勝美温泉と共に“因幡三湯”の一つに数えられ、池田藩の歴代当主が立ち寄られていたという由緒ある吉岡温泉ですが、主要街道から外れた現在は閑散とした鄙びた温泉街の印象を受けてしまいます。(それが私の心をくすぐるのですが…)

豊富な吉岡温泉の湯量は、どの施設も基本加温・加水なしの“かけ流し”で、公衆浴場を除いて外湯で立ち寄れる宿は3か所程度だそう。

先日立ち寄ったのはそのうちの一つ、『木風呂の宿 みや川』(入浴料¥500-)。
名前に冠しているように風情ある木風呂と、街道に面した通りの気配、流れる温泉の音、どれも時間を忘れさせてくれる心地よい空間でした。

湯はサラッとした無味無臭・無色透明の単純泉で、湯温50度のかけ流しはかなり熱く、下半身をじっくり温めてから上半身を浸け、徐々に体を慣らしていきました。
湯上りはさっぱりとして体が軽くなった気がします。

泉質に突出した特徴がなく衰退していく温泉街を表したような吉岡温泉ですが、他の温泉地と比べて観光地化されてなく、地域の生活と密着した温泉、という情緒を感じます。

この良質な湯が広く認知されて、地域のコミュニティがうまく循環できることを願うばかりです。




2017/03/10(Fri) 前田造園萬井 博行へのご意見はこちらから→ MAIL 



このままフェードアウトしていきそうな勢いでブログ更新が滞ってしまいました。(病気かと心配されるほど…)
これからペースを上げていきたいと思います。

先日はクライアントの意向で一度訪れてみたいと思っていた、南部町にある『前田造園』さんに赴いてまいりました。

のどかな田園風景に佇むポツンと可愛らしい土壁の蔵を植木鉢や雑貨を扱うショップとして営んでおられ、現在は冬季でクローズしているにも関わらず、快く出向いていただき案内してくださいました。

着いてまず目についたのが、庭に堀めぐらされた水路のような跡。
前田さん曰く、泥水を流すことで土の通気性を保ち、本来持っている姿に戻してやることで自然と植物も豊になる、という思想のもとに水路を造られているそうです。
住環境においても基礎下に滞留した水を抜くことが出来れば、湿気や底冷えの解消にもなる、というのはとても興味深い話でした。

倉吉から移築した昭和初期に創建された蔵はそれ以前のものと比べて天井が高く、スレンダーな印象。
内外壁とも土壁をあらわしにした、迫力がありながらも優しく温もりを感じられる表情と、わずかな開口部から入り込む自然光が土壁に当たり、しっとりと静穏な内部空間を創り出しています。

穏やかな前田夫妻との会話は弾んでつい長居してしまいました。
今後の前田造園さんの活動には注目ですね。

前田造園:http://m-niwa.sakura.ne.jp/mztop.html




1件〜3件(全3件)
←前10件/次10件→  1
<RSS>

Powered by WebSpace