313159
萬井 博行 よろい環境計画事務所

[ HOME日記TOP記事検索携帯用URL管理用 ]
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

2018/01/10(Wed) 『三本松の家』 計画案萬井 博行へのご意見はこちらから→ MAIL 



明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

写真は先々月提案した米子市、『三本松の家』計画案。(掲載だいぶ遅れましたが…)

クライアントのご実家でもある既存住宅の建て替えとなるこのプロジェクト。
約150坪の充分な敷地ですが、現存する庭を残しつつ2世帯住宅としての機能的なプランニングが求められました。

閑静で土地区画が大きい住宅地である反面、前面道路巾が狭いので車庫スペース内である程度車が振れるよう住宅をセットバック。
そのことにより道路から充分な“引き”が取れて、平屋らしい伸びやかな屋根ラインが望めそうです。

家族の集いが主な食堂・居間を中心に配し、和室・広縁・書斎が障子や襖によって連動性のある一続きの空間になり、庭を楽しみながら採光・通風を確保。
夏季と冬季で断熱ラインを変動してなるべく空調に頼らない省エネルギーなプランニングを心がけました。

個室が多くなりがちな2世帯住宅で難しいのは、“いかに動線をコンパクトに保てるのか”ということ。
このプランでは居間と近接させた洗面・乾燥室の面積を大きく個室の中心に据えて、ハブ(HUV)的な位置付けとすることで水廻り(WC・風呂)や居間へのアクセスをコンパクトにするとともに多くなりがちな衣類の収納機能も充実させています。

屋根は瓦をメインに、廻り縁や書斎の低い天井高さのスペースを板金屋根で軽快に葺くイメージ。
「全体を瓦で統一するのも悪くないですね。」とどちらにするのか現在クライアントと思案中です…。




1件〜1件(全1件)
←前10件/次10件→  1
<RSS>

Powered by WebSpace