299118
萬井 博行 よろい環境計画事務所

[ HOME日記TOP記事検索携帯用URL管理用 ]
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

2016/10/31(Mon) 『観音寺新町の家2』 茶室萬井 博行へのご意見はこちらから→ MAIL 



住宅地でありながら“市中の山居”を目指した『観音寺新町の家2』では、壁の湊紙が貼られ、茶室の工程がすべて完了。

知識と経験が疎いながらもクライアントや造詣の深い造園家の方からアドバイスを頂きつつ、私なりに表現させていただきました。

茶室の大きさは使いやすくスタンダードと云われる4畳半の小間席。
亭主(茶事の主催者)と客の距離感が程よく、茶事の流れがスムーズに行えることで、住宅に併設するケースではよく用いられるそうです。

続き間にあたる6帖の和室は、主に生活空間として利用する傍ら、茶事には寄付(着替え・待合に使う部屋)として、準備のための空間、という位置付け。

4畳半の茶室と6畳の寄付を繋ぐ“縁側”のような空間の床を叩き土間で造って『内露地』と見立て、腰掛待合、蹲踞(身を清める場所)から躙り口を通って茶室に入っていただくという、略式ではありますが、正式な作法で設えました。

天井は杉柾の網代張り平天井と小丸太を使った掛込天井。
腰掛待合の裏面にあたる壁は、変化とアクセントを与える直径20ミリの白竹、その他主な壁は聚楽壁としています。

内露地側の障子と床から入り込むほのかな自然光が空間に奥行きと陰影をつくりだし、茶室らしく味わい深い表情になったかな、と胸をなで下した次第です。




2016/10/24(Mon) 『観音寺新町の家2』 障子萬井 博行へのご意見はこちらから→ MAIL 



引き渡しを来月初旬に控えた米子市、『観音寺新町の家2』では、手直しを除いたほぼ全ての工程が完了いたしました。

プランセンターに位置する居間では、主に西側のハイサイドと南側の大開口から自然光を取り入れています。
西側のハイサイドからは日中はしっとりと柔らかく、夕方は夕日のオレンジ色が印象的にR形状の天井に沿って降り注ぐイメージ。
中庭に面した南側の開口部は軒を深く張り出して直射光を防ぎ、常に柔らかく散光した自然光が入り込むイメージとしています。

その中庭が望めるサンルーム(縁側)を介した南側の大開口は、約4.5mの引き込み障子。
開閉することによって中庭まで視界が伸びる“開放感”と、空調ラインを区画する“断熱性”を両立させています。

一般的にこのサイズの建具になると1枚で造ることは現実的ではなく(そもそも引き込めないし…)、強度的な観点からも3枚で構成。
枠と組子の見付(巾)を18mmの同寸として、閉めたときにその3枚がひとつの障子に見えるようなデザインとしています。(通称:吉村障子)

居間はフローリングなので、1マスが正方形370mmの大割りとして“和”の要素が強くなり過ぎないような割り付け。
耐久性を考えると軽いスプルスではなく、材料強度の高くて木目が素直なヒバを使うことで剛性を保つと同時に、変形を抑えています。

実際開閉してみると、さほど重くなく、かなり堅牢であと2〜3mmくらいは見付けが細く出来るのかな、という感覚でしたが、空間のボリュームや迫力からするとバランスが良かったと満足しています。




2016/10/04(Tue) ホームページ更新萬井 博行へのご意見はこちらから→ MAIL 



相変わらず更新スパンが開き過ぎるうちのホームページ。
皆さまに忘れられたころ更新するのが通例になっています。(竣工してから1年以上経っている物件も…)

このたび更新したのは米子市の3物件。
それぞれ個性的な敷地条件に対して住環境をいかに整えるのか、深く思慮したプロジェクトでもあります。

ついでにホームページのマイナーチェンジも致しました。
デザインは以前のものを踏襲して、タブレットからも快適に見られるように、より操作性を高めております。

どうぞご覧くださいませ。


新開の家:http://hokuto-d.net/yoroi/works_33shinkai.html
崎津の家:http://hokuto-d.net/yoroi/works_34sakitsu.html
立町の家:http://hokuto-d.net/yoroi/works_32tatemachi.html




2016/09/12(Mon) レストラン 仏区里屋萬井 博行へのご意見はこちらから→ MAIL 



先日は『商栄町の家』打ち合わせのため、鳥取市に赴いてまいりました。
ランチ時に立ち寄ったのは、湖山町にある創業30年以上経つ、『仏区里屋』。(店名にノスタルジーを感じる…)

外観はそれなりの規模があるレストランですが、内部は分煙されていて、こじんまりと落ち着く“昔ながらの洋食屋”というテイスト。

メニューはかなり多く、ランチメニューだけでも7種類くらいのラインナップ。
“カレーフェア”という触れ込みに釣られて、『ハンバーグカレー(サラダ・ドリンク付き¥1,000-)』をオーダーしました。

鳥取和牛をじっくり煮込んだ、フォン・ド・ヴォーがベースと思われる独特な風味。
和牛と玉ねぎ、トマトがふんだんに使われて、素材の甘みとコクが充分引き出されています。
出汁の風味を前面に出したスパイス控えめの老若男女好まれるであろう味付けですね。

新鮮な牛肉を使っているのが良く分かる手作り感あるハンバーグや周りに添えられた野菜も丁寧に作られています。

時間に余裕のある時は手作りケーキも頂いてみたいものです。




2016/09/01(Thu) リシン掻き落とし仕上げ萬井 博行へのご意見はこちらから→ MAIL 



米子市、『観音寺新町の家2』の現場では足場が外れて全容があらわになりました。

南側隣地は畑になっていて、充分な引きで軽快感ある緩勾配の片流れ屋根が望めます。

茶室を併設したこの住宅での外壁は、落ち着きと趣を持たせた、『リシン掻き落とし仕上げ』。
陰影あるゴツゴツとしたテクスチャーが特徴的なこの仕上げ、元々は大正時代にドイツから輸入された材料と日本の左官技術が生み出した歴史のある工法だそうです。

やり方としてはカラーモルタルを塗り付けて、硬化する直前に掻き落とす、という工程。
掻き落とす道具はワイヤーブラシや剣山(生花に使うやつ)などですが、使う道具もさることながら力の入れ具合でも表情が大きく異なります。

難しいのはモルタルに含有する水の“引き(乾き具合)”を見計らって掻き落とすタイミング。
水の引きが悪いと上塗りごと剥がれ落ちてしまい、硬化しすぎると掻き落とすのが困難になります。
夏場と冬場では乾燥時間が違うので、そのあたりの見極めも難しいところですね。

一般的な『リシン吹き付け』は塗装屋さんがスプレーガンで施すのものですが、粒子の大きさには吹き付けるガンの噴射口に限界があって、比較的フラットな表情になります。
それに対して左官屋さんが施す掻き落としのテクスチャーの粒子は粗く、“手作業感”のある表情、というイメージでしょうか。

このやり直しが利かない“一発勝負”は、職人さんの経験とカンが頼り、といえますが、『観音寺新町の家』では力強い素材感を残しつつ、上品に町並みへ溶け込んでくれました。

晴れの日や曇り、日中の時間帯、遠近によって色の濃淡やテクスチャーの表情が変化していくのも工業製品にはない味わいを感じますね。




2016/08/26(Fri) 『小山町の家』 棟上萬井 博行へのご意見はこちらから→ MAIL 



昨日は出雲、『小山町の家』の棟上げに赴いてまいりました。

雨の心配もしていましたが、天気模様も良く順調に進捗できました。
暑い中作業いただいた工務店、ならびに大工さんには感謝いたします。

利便性の高い市街地でありながら周囲は田園風景が広がるのどかな敷地。
高さを抑えた緩勾配の大屋根が、緑の稲穂と背景に映る北山の風景に同調するような景観を造ってくれそうです。

この大屋根の下には車庫、アプローチ、デッキテラス、ベランダなどの機能を包括すると共に、屋根の浮遊感を高めるデザイン。
軒下空間を介して外部空間と内部空間が緩やかに繋ぎつつ、熱負荷の高い南側の直射光を防いで柔らかな自然光を室内に取り込みます。

約1.2m張り出した東側の軒先高さは、うちの事務所過去最小の、床から1.85m。(ワンボックスカーは納まらない…)
それだけに重心の低い伸びやかな屋根ラインが際立ちますね。

2階に上った景色の“抜け”も格別でした。




2016/08/12(Fri) 『東福原の家』 計画案萬井 博行へのご意見はこちらから→ MAIL 



先日提案した、床面積約30坪の『東福原の家』 計画案。

住宅密集地域に位置する前面道路幅の狭い立地ですが、100坪ある敷地面積では南側にそれなりのオープンスペース確保が可能で、ゲートを設けた前面を駐車スペースとアプローチ、その後ろに囲まれた庭を設えて採光・通風、プライバシーの確保を図っています。

1階は水廻り(WC・浴室)以外ほぼワンフロアとなるプランニング。
6枚の可動間仕切りで分節できる和室(茶の間)をプランコーナーに配置し、居間と食堂を対角線に配置することで、ワンフロアでありながら用途に合わせた素材や設え、ライティング、および適度なスケール感を与えています。

プライベートスペース(寝室・子供室)は2階配置とし、廊下を兼ねた多目的のフリースペースと下階の居間を吹抜けで繋ぐことで、パブリックゾーンとプライベートゾーンの切り替えを緩やかに、家族お互いの気配が上下階でなんとなく感じられるような空間構成を意図しました。

外観ファサードは壁と屋根を1枚で連続させたシンプルな形態。
隣地に近い北側壁面は、通風と補助的な採光窓以外、収納やスタディーゾーンなど機能的な用途を集約して極力クローズに、庭に面した南側は木製建具による開かれた内外一体のオープンな壁面として、主要な採光、視界の広がりを確保しています。

照度が偏りやすい南側の明るさに対し、北側上部にハイサイド窓を設けることで、屋根勾配なりに張った天井材に沿って自然採光を落とし、空間の全体照度に均整がとれるような断面計画としています。

屋根と北側壁面は耐久性の高いガルバリューム鋼板、軒を深くとったその他外壁面は焼杉か塗装の板壁を想定。

シャープでコンパクトな外観の中に、素朴な自然素材と広がりある内部空間を表現したいものです。




2016/08/10(Wed) ラーメン華漸萬井 博行へのご意見はこちらから→ MAIL 



ここしばらく猛暑日が続きますね。
外食するにもアッサリとしたものを選びがちになります。

本日『旗ヶ崎の家2』の現場打ち合わせの帰りにランチで立ち寄ったのは、以前から訪れてみたかったラーメン店、『華漸(がざん)』。

今年の4月にオープンしたこのお店、米子の人気老舗ラーメン店と蕎麦屋に挟まれた、あえて厳しい立地を選択。
東京の有名ラーメン店で修業したという店主が出されるメニューは醤油と塩のみで、自家製麺されるという拘りにも気骨が感じられます。

基本的にスープは牛骨ベースらしく、極細の麺にスッキリとした濁りないスープが特徴。
シンプルなスープだけに雑味の取り方、麺とスープの組み合わせにはかなり気を配っているそうです。

本日いただいたのは夏限定メニュー『冷やしラーメン(塩)』。
基本の牛骨ベースではなく、ふんだんに使った羅臼昆布を一晩水出しした魚介系のスープ。
蕎麦のように細い麺でありながら冷水でしめられているだけあってかなりのコシが強く、スッキリとしたスープとの相性は抜群。
トッピングは紫蘇と大山鶏、梅干し、メンマ、海苔があしらって、あくまでスープと麺の個性を消さない程度に酸味を持たせながら全体のバランスを整えている、という印象です。

朝7:00から開店されているというラーメン店としては面白い試みながら(通称:朝ラー)、このあっさりとしたスープであれば胃がモタれることなく、意外と“アリかな”と思った次第…。




2016/08/09(Tue) 味な隠れ家 はま田萬井 博行へのご意見はこちらから→ MAIL 



先日出雲、『小山町の家』の配筋検査後にランチで立ち寄ったのは、現場ほど近くに位置する『味な隠れ家 はま田』。
毎日仕入れた新鮮な魚介類を中心に、創作料理まで幅広く提供する居酒屋ですが、昼はリーズナブルな価格でそれらの料理が楽しめます。

昼のランチ(¥900-)は3種類の日替わりメインから選択し、それらにサラダや刺身が付くという、店側としてはある程度食材を絞ったメニュー構成。

先日のメインは鶏のから揚げ、穴子のフライ、エビチリのいずれかで、なにげに『鶏のから揚げ』を選択したところ、そのボリュームに驚愕…
かなり大きめのから揚げ4つに、まぐろの刺身、鰻のたまご巻き、茶わん蒸し、サラダがついていて、パッと見「ヤバいな…(食べきれない)」と思いつつも完食。

竜田揚げのような鶏のから揚げは、サックリ揚がっていてあっさりと食べやすく、刺身は新鮮、茶わん蒸しの出汁も丁寧で、ランチとはいえ手抜かりなく作られています。

お座敷もいくつかありますので、ファミリーでも行きやすいお店でしょうね。

帰りは満腹過ぎて休み休み、米子まで2時間半掛かってしまったのは計算外でしたが…。




2016/07/22(Fri) 軽井沢千住博美術館萬井 博行へのご意見はこちらから→ MAIL 



今週初めから2日ほど、視察とミーティングを兼ねて軽井沢にお住いのクライアントの元へ行ってまいりました。(なんか響きが優雅な感じ…)
少ない滞在時間ではありましたが、有意義な時間を過ごすことが出来ました。

ランドスケープと建築に造詣が深いクライアントが案内してくださったのは、2011年にオープンした『軽井沢千住博美術館』。
ヴェネツィアビエンナーレ絵画部門で東洋人として初めて名誉賞を受賞した千住博さんの個人美術館です。

“明るく開放的な、今までなかったような美術館”という千住さんのご希望を表現される設計に選ばれたのは、日本を代表する世界的建築家、『西沢立衛』氏。

緩やかに傾斜している敷地の地形をそのままに、美術館周囲を木々や草花で覆って、高さを抑えた建築の全景を見せることなく森の中を歩いていくようなアプローチ手法。
美術館のエントランスの高さもかなり抑えられていて、絞られたアプローチや低いエントランスは、先に繋がるワンフロアになっている展示空間の視界の“抜け”がより広がるように意図されています。

高低差のあるフロアレベルを階段ではなく、スロープで処理された流れるような空間は、SANNAの『ロレックス・ラーニング・センター』と同じ手法ですが、ロレックスは平坦な敷地に床スラブを浮かしてうねらせているスロープに対して、こちらは地形そのままの形状をスロープとしています。

周囲の緑や深く出した軒が柔らかく自然光を招き入れて、コンクリート押え仕上げのグレーの床に当たり、しっとりと柔らかく散光した光が、穏やかな空間イメージを造り出していました。




11件〜20件(全696件)
/→  | 2 | | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10
<RSS>

Powered by WebSpace